1. TOP
  2. 婚活で気にするのは年齢よりも年収?どれぐらいの額を希望している?

婚活で気にするのは年齢よりも年収?どれぐらいの額を希望している?

 2017/08/31 結婚・婚活
この記事は約 11 分で読めます。
婚活 年収

結婚相手に選ぶならば、結婚して生活を不安定にさせてしまう人よりは安心して生活を送ることができ、安心して子育てを送れるようにしたいものです。そうするためにはやはりいくらか年収があるというのは条件になってきますね。

結婚相手を探す婚活の場では参加者それぞれに相手へ求める条件があることと思いますが、年収というのは多くの人が気にしている重要なポイントでもあります。

特に女性の場合は男性に対して年収を条件に相手探しをしている方が9割はいると言われています。

では婚活をしている人はどれぐらいの年収を希望しているのか。

そして年収を条件にし過ぎると失敗してしまう可能性があることなど紹介していきます。


年齢と年収はどちらが気になる?婚活の実情

 

婚活 年収 年齢 どっち

 

年齢と年収

これは婚活をする上でポイントとする場合が多く、参加者のほとんどはこの点を選ぶ基準としているでしょう。

 

年収を気にするのは

女性がほとんどと言われています

結婚し、出産や子育てをするために安定した収入を求めていることが大きな理由でしょう。

また育児に専念するために専業主婦を希望する方もおり、家庭を支えていってもらうためにはある程度の年収が必要ということです。

 

年齢を気にするのは

女性でも男性でも気にする点ですが多くの場合は男性側の方が気にしています。

男性としては高齢出産のリスクを避けるために若い年代の女性を求めている点があり、20代から30前半までを条件としている方も多いとのことです。

女性の場合は若い世代ならば年上を条件としている方もいますが、これは年下や同年代よりも年上男性の方が定職についており、収入が安定しているからと言われています。

ただし中年の女性となってくるとできれば若い夫を持ちたいという希望もありますが、高齢出産のリスクを抱えているために現実的には女性側が選ばれづらく、難題とされています。

 

婚活では年収を気にする人はどれぐらい?

 

婚活 年収 気になる

 

年収があるというのは結婚して生活を送る上でも必要不可欠なものです。

家庭を引っ張っていく男性には婚活の場で女性に対して年収を求めているということはあまり多くはありません。

年収の額を求めるよりは共働きができるかを気にする方はいます。

婚活の場で年収を気にするのは多くの場合は女性側です。

女性は出産を機に仕事を退職したり、産休や育児休暇で休みが続いてしまったりということもあるため、安定した生活を送るために年収を常に気にしています。

そしてその求める額もなかなかの金額である場合が多いものです。

婚活をしている人はどれぐらいの年収を希望している?

 

婚活 年収 希望

 

では年収を気にしている婚活参加者はどれぐらいの年収を希望しているのか、年収を気にしている女性の視点から紹介していきます。

 

年収300万以上

婚活 年収 300万

年収の希望としては一番定番のラインとも言えます。月給が25万で賞与なしの場合だと年収で300万をいくことになります。

そこへ保険料で3~5万は引かれるとなると手取り額としては250万前後でしょう。

もし働き手が一人で子供など家族がいる場合は300万だと少し家計が厳しいラインとも言われており、少し節約を心がけていかなければ家計が成り立たない可能性もあります。

しかし現在は年収300万を稼げていない方も多く、300万というラインは「そんなに大したことはない額だろう」と思っている方もいますが、日本人口で300万を稼いでいる比率は、実は半数もいないとされているのです。

婚活の条件として希望としている方は多いと言えるラインですが、なかなかに難しいラインでもあるということです。

 

年収500~600万

婚活 年収 500万

賞与なしで月給50万を稼げれば年収で600万というラインに届きます。

こちらも100人に10人はいるかいないかと言われている比率なので、婚活の場で条件として探すにはかなりの難易度があります。

しかしこれぐらいの額を一人で稼げるならば、共働きをしなくてもよほどの贅沢をしなければ十分に生活を送ることができるでしょう。

 

さらに高額年収700~1000万以上

婚活 年収 1000万

年収700万、もしくは1000万と言われているラインです。

ここまでの条件を出している方もそういませんが、女性が玉の輿を狙うならば年収は1000万以上とも言われています。

これだけあればもちろん多少の贅沢をしても暮らすことはできるでしょう。

ただし稼いでいる人の比率は10人に1人いるかいないかというところです。

この条件を持つ方が婚活の場に現れたなら、真っ先にモテる可能性がありますので競争率は非常に高いでしょう。

 

婚活で探せる?年収の高い職業とは

 

婚活 年収 職業

 

年収は高い方がいい、ということですがフリーターの方では年収300万はなかなか望めないものがあると言えます。

ではどんな職業だと年収が300万以上いくのでしょうか。

 

大手メーカー勤務

婚活 年収 大手メーカー

テレビでCMを出している、誰もが聞いたことのある大手会社勤務の方だと年収300万以上はいくと言われています。

初任給では難しいかもしれませんが数年のキャリアを持つ方なら可能性は高いでしょう。

高年収を望むならば大手に属している方を探してみるのもオススメです。

 

公務員

婚活 年収 公務員

昔から結婚をするならば公務員といも言われていますが、公務員には賞与がある場合も多く、安定した給料が期待できます。ただ公務員によっても年収が300万いくかいかないかというところもあるとのことです。

役所勤務をしている方は勤務年数によっては高給な方も多く、安定した給料を希望したいならば気にしておきたい職業です。

ちなみに国会議員も公務員となりますが、平均的な月給だけでも100万は超えると言われています。

国会議員との婚活が成功すれば高年収は夢ではありません。

スポンサードリンク

 

医者

婚活 年収 医者

高給な職業として医者は有力候補でしょう。ただし人手不足の業界とも言われているので高給な代わりに休みがなかなか取れない可能性もあります。

医者だけではなく、看護士も時給が高く設定されているところが多いので、男性側でそれなりの年収を持つ女性を希望するならば看護士の女性を視野に入れてみてもいいでしょう。

看護士も人手が足りないとは言われていますがパートで時間を決めた勤務をするだけでも普通にアルバイトなどをするよりは高給が期待できます。

 

その他

婚活 年収 その他

最近では人気のある生業として動画投稿サイトであるYouTubeなどで動画作成をして収入を得るというのも流行っています。

動画投稿サイトは成功すればかなりの高年収が期待できるでしょう。

しかしそこまで稼ぐにはなかなかの労力がいると言えます。また成功しない可能性もあるので動画投稿で年収を稼ぐというのは少しギャンブル性があることかもしれません。それでも成功して高年収を稼ぐ可能性も捨てきれないので婚活の場で動画投稿をしているという方がいたならば、場合によっては婚活相手の選択肢とするのもいいでしょう。

 

年収は高望みし過ぎると婚活失敗を招いてしまう?

 

婚活 年収 失敗

 

婚活を進めていく上で年収を希望する場合は低いよりは高い方がいいでしょう。

結婚後に生活を安定させていくことは子供を安心して育てていく場合でも必要なことです。

しかし年収を稼げる人というのはほんの一握りの人しかいなく、今は日本人口の4割が年収250万のラインとも言われているほど年収は低い方が多いのが実情でもあります。

したがって結婚をしたいと希望して参加している婚活の場では年収にこだわり、高年収ばかりを高望みしてしまうと「失敗」という末路にたどり着いてしまうこともあるのです。

 

相手に選ばれない

婚活の場では高年収、低年齢、容姿端麗など条件を設定し過ぎてしまうのは高望みし過ぎていると言われることがあります。

結婚をするのですから理想の相手というのは大切なことでもありますが、高望みの条件ではなかなかヒットする相手も見つかりにくくなる上、「理想が高すぎる、わがままな人」と周囲に認識されてしまうので相手から避けられる可能性が高くなってしまいます。

婚活を成功させるには相手に選ばれるというのは必須条件となってきます。

婚活に参加したけれど良い相手に出会えないと感じる時は条件を下げてみるのも手でしょう。

 

相手が見つからない

高年収にこだわり過ぎてしまうと婚活の場で相手が見つからないという可能性が高くなってきます。年収が低い方の多い今の時代で、年収300万の相手を探すのも大変なものです。

またそこそこの年収を持つ相手は婚活の場に参加せずとも、相手が見つかる可能性が高いので、そんな方が婚活に参加をしているならば希少な存在です。

当然年収を希望している人の多い婚活市場では競争率の高い相手になり、選ばれなければ婚活が成功することはありません。

婚活は普通に参加をしていても確実に相手が見つかるわけではないので、条件をあまり阻めることがないよう、年収にこだわり過ぎずに相手の選択肢を広げるのも必要なことでしょう。

 

年収は気にしない選択で、婚活を成功させるには?

 

婚活 年収 気にしない

 

年収は気にしなければ婚活の条件は下げることができ、成功率は上がります。

それでも結婚してからの生活を考えるとフリーターなどの立場が安定していない職業や、無給の相手だと将来に不安を感じてしまうでしょう。

年収300万とまでこだわらなくても、生活は安定して過ごすことはできるのか。

その条件、方法を紹介していきます。

 

定職に就いている

年収が低くても確実に毎月の給料がもらえる定職に就いている方ならば一緒になっても生活をしていくことができます。高年収の方よりは贅沢ができる、外食や旅行をたくさんするとはいきませんが婚活市場で条件に当てはまる相手も多く、婚活が成功できる可能性が高まります。

年収は250万というラインが多いのが特徴ですが、時給1000円の場合は1日8時間、月に22日働いたとして月の給料は18万ほど。年収にすると200万を少しいったぐらいになりますが保険料を控除したりすると200万を切ってしまうでしょう。

定職に就いている条件は毎月もらえる給料は保証されますが、手取りは多くないのが欠点でもあります。

 

ギャンブルに依存し過ぎていない

競馬、パチンコ、競艇などを趣味としている方もいます。勝てば嬉しい、負ければ悔しいギャンブルですがのめりこみ過ぎてしまうのは散財する可能性があるのでリスクがあります。

婚活の相手として選ぶなら相手がギャンブルに依存し過ぎていない相手であるかの見極めも大事になるでしょう。年収が低い相手ならばなおさらです。

 

借金を背負っていないかチェック

年収が低い場合、急な出費がかさんだりするとカードローンやキャッシングの活用をする方もいます。この時に相手がキャッシングなどを多用し過ぎていないかをチェックすることも重要になってきます。

キャッシングなどは使用をしたら返済をしていかなければなりませんが年収が低く、キャッシングを多用して返済額が大きい場合は、返済が追いつかない場合もあるのです。

キャッシング以外にも消費者金融など借金をする方法は色々とありますが、婚活で選ぶ相手に借金がないか調べることも年収が低い相手と結婚をするならば重要なポイントです。

年収が低い場合は家賃、光熱費、生活費で支払いが手いっぱいになる可能性が高いので余計な出費は命取りになってしまうのです。

 

共働きも視野に入れる

パートナーの年収が低く、生活が困窮する場合は自分も働いて稼ぐということを視野に入れることも大事なことです。結婚の相手に高年収を希望する方の多くは結婚をしたら専業主婦になる、出産をして家庭に入ると希望する方がいます。

高年収ならこの希望も叶うでしょうが、年収が低い場合はこの希望を重視していると生活を圧迫しかねません。特に子供ができ、家族が増えた場合はよりお金がかかることになるので低年収ではきつくなる可能性もあります。

その場合はフルタイムまでいかなくても、週に3日ほどのパートタイマー、半日程度の仕事をするだけでも家計の足しになります。婚活を成功させるために年収を気にしないで相手を選んだ場合は自分も家庭を守るために行動するという気持ちを持つのがいいでしょう。

 

とにかく節制を心がける

低年収で生活をしていく場合、支出を節約するのも生活をしていく上で大事なことです。

電気代、ガス代は節約できるように気にかけ、携帯電話も安い定額に切り替える、食費は外食を控えめにして特売を狙うなど、ちょっとしたことで節約できる方法は様々にあります。

節約方法などはネットで紹介されていますので、節約を学びたい方は活用していくといいでしょう。

 

 

まとめ

 

婚活 年収 まとめ

 

年収というのは生活をする上では大事なポイントですが、婚活をする際は気にし過ぎてしまうと婚活失敗の末路をたどる可能性があるということですね。

相手に対して条件を出すのも自分の望む結婚をするためにはやっていきたいことです。しかし婚活は「結婚をしたい方が参加する集まり」と言われています。

婚活を成功させるのが目的ならば年収というこだわりを捨てて高望みをしないようにするというのも、いざという時は必要なことなのかもしれません。

年収が多い人の方が少ないと言われている世の中です。そのことを忘れずに、自分が望む条件の人と出会えるように婚活をしていきたいですね。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

lifehack-naviの注目記事を受け取ろう

婚活 年収

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

lifehack-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lifehack-navi編集部

おすすめ関連記事♪

  • 婚活で相手を選ぶ条件、優先順位は年収か身長?または恋愛感情か?

  • 婚活とお見合いは何が違う?成功率や会話時のタブーについて

  • 結婚できないと不安?婚活成功するための決め手や後悔しない進め方は?

  • 30代の婚活!現実は厳しい?失敗しないための服装、妥協点とは?

  • なぜ浮気は繰り返す?原因は心理?疑う点や妊娠中の注意点など

  • 男性が少ないと言われる婚活の場で一人でも多くの男性と出会うには?