1. TOP
  2. 妊娠中のニキビがひどい5つの原因とは!?4つのニキビの改善法をご紹介

妊娠中のニキビがひどい5つの原因とは!?4つのニキビの改善法をご紹介

 2017/07/27 ニキビ
この記事は約 7 分で読めます。
妊娠中 ニキビ ひどい

妊娠中は体調が日々変化していくため、妊婦さんは疑問や不安に感じることが多いのではないでしょうか?

また、妊娠をきっかけにひどいにきびが出来るようになったという方も少なくないといわれています。

そこで今回は妊娠中にできるひどいニキビの原因や改善方法についてご紹介していきます。


妊娠中にできるひどいニキビの5つの原因とは

妊娠中 ニキビ ひどい 妊娠前はニキビとは無縁だったのに、妊娠中にひどいニキビができるようになったという方も多いかもしれません。

妊娠中のニキビは女性ホルモンの変化によるものと言われており、特に妊娠初期にひどいニキビができるようになるという方が多いと言われています。

それでは妊娠中にひどいニキビができる原因について詳しく見ていきましょう。

1,妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠中でも特に妊娠初期に、エストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが急激に増加することで女性ホルモンのバランスが乱れ、それがひどいニキビの原因につながると考えられています。

特にプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンは、妊娠中の身体には重要なホルモンですが、皮脂の分泌を活発にさせる作用があるため皮脂が詰まりやすくなりニキビができやすいお肌になると言われています。

2,妊娠中の便秘

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長とともに、子宮が胃や腸を圧迫するため動きが鈍くなり便秘になりやすくなります。便秘になると体内に蓄積された有害物質が外に排出されないため、腸内環境が悪化しひどいニキビができやすくなると言われています。

腸内環境を整え妊娠中の便秘を改善するためにも、妊娠中は葉酸やオリゴ糖を積極的にとるようにしましょう。

オリゴ糖は妊娠中でも摂取可能で腸内のビフィズス菌を活性化させてくれる働きがあると言われているので、便秘やひどいニキビに悩んでいる妊娠中の方に特におすすめです。

3,妊娠中の食生活の変化

妊娠中 ニキビ 食事

妊娠中は食べ物の好みが変わったりつわりで思うように食事をとることが出来なくなったりと、人によりさまざまな症状があると言われています。

特につわりの症状がひどい場合は特定の食材しか受け付けなくなることもあり、栄養バランスが崩れるためニキビができる可能性が高くなります。

4,妊娠中のストレス

妊娠中は日々変化していく自分の身体や、思うように動くことができないことへの苛立ち、出産に対する不安などストレスが溜まりやすく、ひどい場合は情緒不安定になりがちです。

過度なストレスは老化を促進すると言われている活性酸素や、美肌に欠かすことのできないコラーゲンを生成するのに必要なビタミンCが大量に消費されてしまうためお肌にニキビができやすい状態になってしまいます。

5,妊娠中の睡眠不足

妊娠中は体調が変化しやすく、特につわりの症状がひどい場合は1日中気分が悪い状態が続くため、夜もぐっすりと眠れずに睡眠不足になりやすくなります。

つわりの状態が落ち着いても、妊娠後期になるとお腹が大きくなりお腹の重みや膀胱が圧迫されるため眠りが浅くなり、熟睡が難しくなるため睡眠不足になりがちです。

睡眠不足の状態が続くと皮脂を多く分泌する男性ホルモンが多く分泌され、適切なケアをしないとひどいニキビができやすくなってしまいます。

妊娠中でもできるひどいニキビの4つの改善法

妊娠中 ニキビ 改善

妊娠中は体調の変化に意識をとられやすく、ニキビケアまで回らない場合があります。

しかし、ニキビケアをせずにそのままにしておくとニキビがひどくなってしまう場合があるため、きちんとニキビケアをすることが大切です。

1,妊娠中は栄養バランスを意識した食事を

妊娠中でつわりが落ち着き通常の食事をとれる状態になったら、栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。

スポンサードリンク

ニキビに効果が期待されるビタミン類を中心とし、妊娠中に不足しがちな葉酸やカルシウム、鉄分は意識して多めに摂取するようにしましょう。

ニキビケアとしてサプリメントを服用する場合は、必ず医師に許可をもらってからにしましょう。

2,妊娠中はお肌に優しい化粧品に変更

妊娠中は妊娠前と比べると肌質が変化しやすく、今まで使用していた化粧品がきっかけでひどいニキビが発生する可能性があります。

妊娠中はできるだけお肌への負担が少ない低刺激の化粧品に変更するなどしましょう。

また、ひどいニキビでニキビケア専用の化粧品を使用したい場合も、できるだけ低刺激の敏感肌用のものを選ぶのがおすすめです。

3,妊娠中のストレス解消

妊娠中 ニキビ 医師 相談

過度なストレスはニキビの原因になるため、妊娠中でもできるストレス解消法を見つけることも大切です。

日々変化していく自分の身体に不安を覚えることも多いと思いますが、不安なことは友人や医師に相談するなどして解消していきましょう。

また期間限定の妊娠中の時間を楽しむようにすることもおすすめです。

出産後は赤ちゃんのお世話で自分の時間を作ることが難しくなるため、妊娠中に自分の時間を楽しむようにしましょう。

睡眠不足もニキビができやすくなる原因の1つなので、睡眠不足にならないように十分な睡眠を心がけることも大切です。

4,妊娠中の正しい洗顔

ひどいニキビを改善するためやニキビ予防のためにも、妊娠中は正しい洗顔を心がけましょう。

前述した通り妊娠中はお肌がいつもよりも敏感になっているため、洗顔料も低刺激のものに変え、よく泡立てて泡で洗うように心がけましょう。

また、洗顔料を顔に乗せている時間が長いほど、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性が高いため、ひどいニキビをキレイにしたいと長時間洗ってしまいがちですが、30秒を目安に洗いしっかりとすすぐようにしましょう。

妊娠中のニキビケアで注意したい2つのこと

妊娠中 ニキビケア 注意

妊娠中にひどいニキビができて何とかしようとしたときに、注意したいことがあります。

具体的にどのようなことなのか、詳しく見ていきましょう。

1,妊娠中のニキビがひどいからと無理矢理つぶす

妊娠中にひどいニキビができてしまったからとニキビを無理矢理つぶすような真似は控えるようにしましょう。ニキビを無理矢理つぶそうとすると傷口から雑菌が入り込み、ニキビがさらにひどい状態になってしまいます。

適切なニキビケアをしなければニキビ跡として残ってしまう可能性があります。気になると思いますが、ひどいビキビができたからといってあまり触らないように心がけましょう。

2,妊娠中なのに自己判断で薬を使用

妊娠中にひどいニキビができ少しでも早く治そうと、自己判断で薬を使用することは控えましょう。

妊娠中はお肌の状態がいつもより敏感になっているため、薬を使用したい場合は必ず医師に相談してからにしましょう。ステロイド系の薬はニキビケアに高い効果が期待できると言われていますが、ステロオイド系の薬はリスクもあるため自己判断での使用は控えましょう。

妊娠中にひどいニキビができてしまった場合は、薬に頼らずになるべく日常生活の行動を見直して治すことがおすすめです。

まとめ

妊娠中 ニキビ 睡眠

 

妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れるため、ひどいニキビができやすくなると言われています。

また、妊娠中に起こりがちな便秘や睡眠不足、つわりなどの影響からくる食生活の変化もニキビができやすい原因の1つと考えられています。

妊娠中にひどいニキビができてしまった場合は、自分の体調を相談しながらできるだけストレスをためずに栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

妊娠中のひどいニキビはホルモンバランスのせいとある程度割り切ることも大切です。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

lifehack-naviの注目記事を受け取ろう

妊娠中 ニキビ ひどい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

lifehack-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lifehack-navi編集部

おすすめ関連記事♪

  • あなたは大丈夫!?ニキビを悪化させる7つの原因と正しい洗顔方法

  • 4種類の異なるニキビができる過程とは?日常からできる3つの予防法

  • ニキビは放置しておいても治るの?心がけたい2つの生活習慣とは

  • ニキビと食べ物は関係ないと思うのはキケン!!関係のある4つの理由とは!?

  • ニキビの占いが意外と当たるからびっくり!!ニキビの種類でも占える!!

  • ニキビができてしまうのは水分の不足といわれる2つの原因とは!?