1. TOP
  2. 豆乳は美白に効果的!?豆乳を効果的に取り入れる方法とは!?

豆乳は美白に効果的!?豆乳を効果的に取り入れる方法とは!?

 2017/08/29 美白
この記事は約 7 分で読めます。
美白 豆乳 効果

美容や健康にいいことで知られている豆乳。豆乳には女性に嬉しい様々な成分が豊富に含まれています

便秘や肥満、更年期障害などの予防になると言われているので健康のために飲んでおられる方もたくさんおられます。

また、美白などの美容のために飲んでおられる方もとても多いです。

飲みにくい飲み物と思われがちだった豆乳ですが、最近では様々な種類の豆乳が売られていて飲みやすいものが多くなってきました。

豆乳は化粧品に使われることもあり豆乳や豆乳の成分が配合されているものもよくあります。

そんな豆乳の美白効果についてご紹介したいと思います。


豆乳ってなに?豆乳には美白に効果はあるの?

 

美白 豆乳 なに

 

豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、煮つめてから濾すことにより作られます。

豆腐になる前の液体の状態であり、見た目は白く牛乳に似ていますが、味は豆腐を飲んでいるような感じで飲みにくいと苦手な人もいるようです。

豆乳は、調整されていないものを「無調整豆乳」と呼び、砂糖などの甘みなどを加えることで飲みやすく調整されたものを「調製豆乳」と呼びます。

また、「豆乳飲料」といってコーヒーやバナナなどの味を加えたものもあります。

最近では無調整豆乳でも特別な製法により飲みやすいものが増えています。

 

豆乳は美白に効果的な成分が豊富!

 

美白 豆乳 成分

 

そもそもシミやソバカスができたり、肌がくすんでしまう原因になっているのは、メラノサイトと呼ばれる細胞により生成される「メラニン」です。

メラニンは、紫外線・摩擦などの外部刺激によりメラノサイトが刺激を受けることにより生成されます。

さらに過労やストレス、睡眠不足などにより体内の活性酸素が増え過ぎることもシミやソバカス、くすみの原因になります。

 

豆乳に含まれるイソフラボンには美白効果あり!

豆乳にはイソフラボンという美白に効果的な成分が豊富に含まれています。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすると言われています。

エストロゲンとは卵胞ホルモンと呼ばれていて、女性の美しさを保つために大切なホルモンです。

このホルモンには肌のターンオーバーを促進する効果があり、古い角質をはがして新しい皮膚を作りだす肌の生まれ変わりをサポートする効果があるため、シミやソバカス、くすみを改善したり予防する効果があると言われています。

エストロゲンは、ストレスや過労や加齢などで分泌量が減少してしまいます。美白の妨げになるので豆乳のイソフラボンで補うようにしましょう。

また、抗酸化作用もありシミやソバカスなどの老化の原因となる活性酸素を除去する効果もあると言われているので予防効果も期待できるようです。

 

豆乳はサポニンやビタミンも豊富で美白に効果あり!

豆乳には、イソフラボンの他にもサポニンやビタミンなどの美白に効果的な成分が豊富に含まれています。

豆乳に含まれているサポニンには、強力な抗酸化作用がありストレスや疲労などで増え過ぎてしまった活性酸素の働きを抑え、メラノサイトがメラニンを生成するのを抑制する効果があります。

さらにビタミンB1、B2、B6やビタミンEなどのビタミン類も豊富で、肌のターンオーバーを促進して、シミやソバカスのない美白美肌を作る効果があると言われています。

 

豆乳はどのように飲めば美白に効果的?

 

美白 豆乳 飲み方

 

豆乳には、「無調整豆乳」「調製豆乳」「豆乳飲料」などがあります。

調製豆乳や豆乳飲料は、砂糖や香料などで加工してあるため、無調整豆乳よりも豆乳の栄養素は少なくなっています。

より効果的であるのは無調整豆乳ですが、好き嫌いがあるので飲みにくい場合は調製豆乳や豆乳飲料を選ぶのもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

豆乳で美白!美白のための豆乳の摂取量は?

豆乳は美白などに効果的だからといって大量に飲めばいいというわけではありません。

豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすると言われていて美白・美肌や健康などにいい効果がたくさんある栄養素なのですが、過剰摂取してしまうとホルモンのバランスが崩れてしまい、生理不順になったり、逆に肌荒れを起こしてニキビなどができてしまうことがあります。

また、栄養豊富なため妊娠中や授乳中にもぴったりな飲み物なのですが、飲み過ぎてイソフラボンの過剰摂取になると赤ちゃんの生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があると言われているので注意が必要です。

イソフラボンの一日の上限摂取量は約70mgほどとされています。豆乳の種類により量は異なりますが、一日200mlを目安にしましょう。

 

美白のためには豆乳を飲むなら朝・昼・夜いつがいい?飲む時間は?

 

美白 豆乳 寝る前

 

豆乳は飲む目的によって効果的な飲むタイミングがあります。たとえば、ダイエットのために豆乳を飲むなら食前がいいと言われています。

なぜなら食事をして血糖値が急激に上昇してしまうと、インシュリンの分泌が増えて脂肪を作ってしまうので太る原因になります。

豆乳には急激な血糖値の上昇を抑制してくれる効果があると言われてるため、食前がいいとされています。

美白のために豆乳を飲むなら、寝る前がおすすめだと言われています

夜の22時から2時の間は、成長ホルモンがたくさん分泌し肌が新しく生まれ変わるのに大切な時間であるため、美白や美肌になるためのお肌のゴールデンタイムと言われています。

寝る前には豆乳をのみ、22時から2時の間は眠っておくようにしてください。

 

豆乳の成分配合の化粧水やクリームの美白効果は?

 

美白 豆乳 クリーム 化粧水

 

豆乳の成分イソフラボンは化粧水やクリームに配合されていることもあり、美白などの美容効果があると言われています。

化粧水などに含まれているイソフラボンは、豆乳に配合されているものとは違い、アグリコン型という肌に吸収しやすい形にして配合されています。

大豆アレルギーの方は化粧品なら大丈夫と思われる方もいるかもしれませんが、化粧品にも注意するようにしてください。

 

イソフラボン配合の化粧水やクリームは美白効果あり!

イソフラボンが配合されている化粧水やクリームには、豆乳を飲んだ時と同じようなメカニズムで美白効果があります。

イソフラボンの化粧水やクリームを使うと、美白の妨げになるメラニンの生成を抑制し、シミやくすみなどを予防します。

また、肌のターンオーバーを促進する効果があるので美白に効果があると言われています。

 

抗酸化作用でシワなどの老化も防止!

イソフラボンが配合された化粧水には、活性酸素の抑制する抗酸化作用もあると言われております。

シミやソバカスなどの原因になるのは紫外線だけではなく、疲労やストレス、睡眠不足で体内に活性酸素を増えすぎてしまうこともシミやソバカスができる原因になり、シワなどの老化の原因にもなります。

豆乳に含まれるイソフラボンは、美白効果だけでなく老化防止効果もあると言われてます。

 

低刺激で敏感肌にもおすすめ!でも副作用に注意!

豆乳のイソフラボンが含まれている化粧水やクリームは、低刺激な者が多く敏感肌の方も安心して使うことができます。

しかし、大豆にアレルギーがあったり大豆の成分が肌に合っていない場合、発疹、発赤、かゆみなどの症状が現れる場合があります。

異変を感じた場合はすぐに使用中止し、症状がひどい場合は皮膚科に相談するようにしてください。

 

まとめ

 

美白 豆乳 まとめ

 

豆乳は、美白にも健康にもいい効果があるためおすすめの飲み物です。

最近ではコンビニなどにも売っているため、気軽に摂取することができます。

また、豆乳が飲みにくいという場合も種類を変えてみたりすると、飲みやすくなることもあります。

飲みやすいものを選び、毎日飲みすぎないように続けるようにして美白を目指しましょう!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

lifehack-naviの注目記事を受け取ろう

美白 豆乳 効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

lifehack-naviの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lifehack-navi編集部

おすすめ関連記事♪

  • 唇も美白で綺麗に!唇の色素沈着などの対策法とは

  • 美白にはどんな成分がいい?美白化粧品に配合されている成分とは

  • ニベアの青缶は本当に美白に効果があるの?

  • 美白効果が高い食べ物や飲み物はあるの!?

  • 美白に見えるメイク方法!地黒さんにもおすすめ!目指せ透明美白肌!

  • 美白は内側からも外側からも!美白にする方法とは!?